その他の異物混入対策

下記のキーワードをクリックしますと、関連事例に飛びます。

防虫対策
食品関係
事例1
悩み事:充填ラインと梱包エリアが混在しているため、梱包資材からの粉塵が製品に混入しないか。同時に作業者による異物持ち込み対策、防虫対策など総合的な改善をしたいです。
解決策:充填ラインだけをカバーで囲ってしまうと、レイアウト上 作業者の動線が悪くなるため、パーテーションの設置を提案。 工場への入口にエアシャワー、靴底洗浄マットダイセムマットの設置等、工場の防虫・防塵対策の提案をしました。
事例の詳細はこちらから:
事例2
悩み事:出入口の防虫対策を万全にしたい。
解決策:オリジナルアルミフレームを使用し、扉室を設けることで二重遮断することを提案しました。
事例の詳細はこちらから:


化学関係
悩み事:製造工程の一部を温度管理したい。
解決策:固定式間仕切りに自動開閉式高速シートシャッターを組み合わせてご提案しました。
事例の詳細はこちらから:

異物混入対策
食品関係
事例1
悩み事:細かく砕いた製品をステンレス配管で移送する工程で、配管繋ぎ目(フェルール)のパッキン材質がシリコン&テフロンのため、劣化による破損(欠け)が生じ、製品に混入してしまう。
解決策:ステンレス製フェルールパッキンを提案。
事例の詳細はこちらから:
事例2
悩み事:充填機から袋詰めまで乾燥した粉体を輸送するラインで継手部に軟質塩ビシートを筒状に加工してご使用になっていましたが、トラブルが多くお困りでした。
解決策:長寿命化がはかれ、半透明で内部の物の流れが確認できる製品をご提案しました。
事例の詳細はこちらから:
事例3
悩み事:飼料原料の搬送配管で、金属の摩耗粉や摩耗片の混入でお困りでした。
解決策:ご予算の範囲に収まるように、殆んど配管を改造すること無く設置出来る丸格子型特殊品マグネットバーユニットをご提案。
事例の詳細はこちらから:
機械メーカー関係
事例1
悩み事:ふりかけ製造機内部の、計測・供給を自動で行うフィーダーのシュートとバケット部に製品が居着いてしまう。
解決策:ガムテープも全く着かない独自の表面形状と非粘着物質の処理ノンスティックコーティングを紹介しました。
事例の詳細はこちらから:
事例2
悩み事:樹脂成型の金型に樹脂が残りバリの原因になっているため、手作業で樹脂を剥がしていました。この洗浄作業に手間が掛かるため、簡単に剥がせるようにしたいとご相談をいただきました。
解決策:緻密な粒子で製膜し、摩擦係数の低いダイモール処理を提案いたしました。
事例の詳細はこちらから:
製紙関係
悩み事:搬送ラインのガイド棒での傷防止の問題でご相談をいただきました。
解決策:耐摩耗性と滑り性を兼ねそろえたブラストロン処理を提案しました。
事例の詳細はこちらから:

静電気対策
食品関係
事例1
悩み事:樹脂フィルム製造会社様の高機能樹脂フィルムの検査工程で、フィルムに粉塵が付着してしまいお困りになって相談をいただきました。
解決策:検査作業者様の帯電と樹脂フィルムの帯電が粉塵の付着の最も大きな原因と判断し、半導電性の帯電防止シートのご使用を提案しました。
事例の詳細はこちらから:
事例2
悩み事:以前よりエアシャワーや粘着ローラーを導入され異物混入に取り組まれていますが、毛髪の混入だけ減らすことができずお困りでした。
解決策:通過するだけで、瞬時に静電気を除去できる「除電ブレード」の導入を提案しました。
事例の詳細はこちらから:

クリーン化
食品関係
事例1
悩み事:飲料水の充填設備導入のため、品質向上にクリーン化が急務。容器洗浄機から充填機まで外気と触れない環境を必要とされていました。
解決策:3重構造のクリーンブースを設置し、部屋ごとに作業員を配置し、直接部屋間を行き来しないように提案。生産ライン内の異物混入を防止する流れを構築しました。
事例の詳細はこちらから:
事例2
悩み事:粉体混合機への原料投入時の異物混入を防止するために周囲をクリーン化したいとご相談いただきました。
解決策:ダブル構造のKAMATAアルミフレームに静電PETの組み合わせでの施工を提案しました。
事例の詳細はこちらから:
機械メーカー関係
事例1
悩み事:大型射出成型機で自動車部品を生産していますが、異物付着により生産ロットごと返品される問題が発生していました。
解決策:射出成形機の形状に合わせた設計でクリーンブース化する事を提案しました。
事例の詳細はこちらから:
事例2
悩み事:生産準備段階でのテスト製作時において、導電性ケース(半導体チップ搬送用)の射出時に異物が付着し、ケース表面に塵が目立ってしまう問題がありました。
解決策:W8000×D6000×H2500のクリーンブースに前室、エアシャワーを設置し、部屋内空調コントロールにより品質問題を解決する事を提案しました。
事例の詳細はこちらから:
化学関係
事例1
悩み事:樹脂成形のお客様で、新規設備導入に当たり検査工程を倉庫内の一角を囲い、クリーンな環境にしたいとご相談いただきました。
解決策:熱効率を考えると断熱パネル式のほうが好ましいが、中を目視したいとのご要望によりKAMATAアルミフレームによるクリーンブース設置を提案。
事例の詳細はこちらから:
事例2
悩み事:ある粉体の混合作業、秤量、検査工程を通して異物混入を防止する為にクリーンブース化したいが、比重が軽いために少しの風でも舞い上がり人体に影響を及ぼしてしまう、クリーン化と排気について良い方法が無いかとご相談いただきました。
解決策:各工程をクリーンブースで囲い、バグフィルターをセットした集塵機で排気することを提案しました。
事例の詳細はこちらから:
機械メーカー関係
悩み事:粉砕機メーカー様で、粉砕、微粉化を受託加工する上で、作業環境の改善が必要になっていました。工場の一角で作業を行っていましたが、粉砕用原料投入時に異物混入の可能性がありました
解決策:設置予定場所がシャッターを隔てて外気と同じ環境なため、安定した温調、密閉性を考慮し断熱効果の高いクリーンルームパネルを採用して設計。
事例の詳細はこちらから:

お問い合わせ

蒲田工業株式会社 営業推進室
TEL:0545-63-1235
FAX:0545-65-6801
メール:info@kamata.co.jp